こんなん堂ECサイト
豊田佐吉翁生誕150年記念
結構使えるキーワード検索

カテゴリ一覧

すすむ道 使い方 yahooバナー
かんたん相互リンク集
Net Office Nakai

全て > 美容・健康・福祉 > その他(美容・健康・福祉)

ひび・骨折も含めた廃用症候群による骨萎縮の症状に対応するサポーターの開発




投稿者:Xidea3940 投稿日:2022/05/18 19:12 編集 削除 2

ひび・骨折も含めたゴムベルトなどを利用した廃用症候群による骨萎縮の病状悪化防止を理由とした頭蓋骨、肋骨に対応する専用サポーターの開発



返信者:こんなん堂 返信日:2022/05/24 17:40 編集 削除

 どんな病気でどんな治療法があるのでしょう? もう少し分かり易い追加情報をお願いいたします。


返信者:Xidea3940 返信日:2022/05/24 18:51 編集 削除

廃用症候群とは、寝たきりに近い状態などで加齢や疾患などによる活動性の低下や過度の安静で生じる身体の障害で様々な症状がありその中骨萎縮の事です。
廃用症候群の予防法・治療法は?
運動の機会をつくる
薬物治療を行う
リハビリを行う
栄養バランスの良い食事をとる


返信者:こんなん堂 返信日:2022/05/25 05:49 編集 削除

すみません。治療になぜ専用サポーターが有効なのか、良く分からなくて? サポーターをして体はなるべく動かす様にして貰うって事なのかな?


返信者:Xidea3940 返信日:2022/05/25 09:14 編集 削除

今あるサポーターとの違いと試み
一般的なサポーターはベルト固定と補強ゴムベルトからなる二重ベルトですが今回、開発しようとしている専用サポーターはベルト固定を無くし、ゴムベルトを利用することが違うところで呼吸・動作による動きに合わせて症状がある部位に負担がかかりにくくする事で病状悪化防止を試みようとしています。


返信者:こんなん堂 返信日:2022/05/25 09:42 編集 削除

ようやく分かってきました。 専門知識のない方も見られます。折角投稿して頂くのですから、分かり易く書いて頂けると嬉しいです。


返信者:Xidea3940 返信日:2022/05/25 12:29 編集 削除

ベルト固定がなくゴムベルトなどを使用して症状がある部位に負担をかかりにくくする事で病状悪化防止が出来るのではないかと思っています。